TOP > 温度 > レコーダー > 記録する > 15,000円以上30,000円未満 > > おんどとり (小型防水 TR-5iシリーズ) [TR-55i-Pt]

-199
おんどとり (小型防水 TR-5iシリーズ) [TR-55i-Pt]

600おんどとり (小型防水 TR-5iシリーズ) [TR-55i-Pt]

商品番号 TR-55i-Pt

0℃未満に対応/050℃未満に対応/50100℃未満に対応/100200℃未満に対応

当店特別価格17,442円(税込)

数量
商品についてのお問い合わせ

広範囲の温度を高精度で測定!(光通信・赤外線通信)
温度: -199℃〜600℃
センサ別売り: Pt100/Pt1000 対応

TR-55i-Ptは、広範囲の温度を測定・記録するデータロガーです。ロガー本体は防水仕様で-199℃〜600℃の多様な環境下で使用できます。 また、電池駆動のため設置場所を選びません。
記録したデータは別売のコミュニケーションポートTR-50U2、もしくはデータコレクタTR-57DCiのどちらかを経由してパソコンに転送でき、グラフ表示・データ解析が可能です。
データコレクタを使用すれば、データロガーを回収することなく現場でのデータ収集・閲覧も可能です。

【セット内容】
本体、入力モジュール(PTM-3010)、リチウム電池、取扱説明書

【商品詳細】

商品名おんどとり 小型防水
TR-5iシリーズ
型番TR-55i-Pt
用途温度のみ
形状レコーダー
可逆・不可逆記録する
在庫有無
温度帯-199℃〜600℃
湿度帯-
反応点数-
反応変色-
サイズ縦62mm × 横47mm × 厚さ19mm
(突起部、センサ含まず)
販売数量形態1個

温度のみ/レコーダー
記録する
-199℃〜600℃
Ptセンサで広範囲の温度を高精度測定

600おんどとり (小型防水 TR-5iシリーズ) [TR-55i-Pt]

商品番号 TR-55i-Pt

当店特別価格17,442円(税込)

数量

製品紹介 / TR-55iシリーズ

小型防水温度データロガー(赤外線通信タイプ)

TR-55i-TC・TR-55i-Pt 商品写真 TR-55i-V・TR-55i-mA・TR-55i-P 商品写真

小型データロガーTR-55iシリーズは、温度を測定・記録するデータロガーです。
ロガー本体は防水仕様で-40〜80℃の多様な環境下で使用できます。 また、電池駆動のため設置場所を選びません。

記録したデータは別売のコミュニケーションポートTR-50U2、もしくはデータコレクタTR-57DCiのどちらかを経由してパソコンに転送でき、グラフ表示・データ解析が可能です。データコレクタを使用すれば、データロガーを回収することなく現場でのデータ収集・閲覧も可能です。

使用の流れ

TR-55i-TC・TR-55i-Pt 使用の流れ

特徴

  • 置く場所を選ばない小型防水タイプ

    コンパクトサイズで置く場所を選ばないデータロガーです。防水・防塵性能と頑丈なボディで過酷な環境下での測定が可能です。 TR-55iには温度以外に電圧・4-20mA・パルス数の計測・記録ができるタイプがあり、入力モジュール接続時に本体が防水となります。

    ※TR-55iの入力モジュールには防水性能がありません。

  • 幅広い測定温度範囲

    TR-55i-TCは-199から1700℃、TR-55i-Ptは-199から600℃という広範囲の温度を測定、記録することができます。

  • 最大記録データ数は16,000個

    1台につき16000個の記録データを保持します。記録間隔は1秒から60分までの間で15通りから選択できます。
    記録間隔10分で111日分の連続記録ができます。

  • 省電力設計で電池長寿命

    電池交換の時期になるとサインでお知らせします。
    未使用電池で通信回数が月4回の場合、電池寿命の目安は以下のとおりです。

    ※記録間隔/電池寿命:
     TR-55i-TC(1秒/約6.5ヶ月、10秒以上/約14ヶ月)
     TR-55i-Pt(1秒/約10ヶ月、10秒以上/約24ヶ月)
     TR-55i-V(1秒/約16ヶ月、10秒以上/約16ヶ月)
     TR-55i-mA(1秒/約16ヶ月、10秒以上/約16ヶ月)
     TR-55i-P: 入力オープン(1秒・10秒以上/約24ヶ月)、TR-55i-P: 入力ショート(1秒・10秒以上/約16ヶ月)

    ※電池交換のサインは電池使用時間の積算によります。上記期間より早めに表示されます。
    ※電池寿命は測定環境、記録間隔、電池性能、赤外線通信の禁止/許可により異なります。
     赤外線通信を有効に設定した場合、インバータ式照明の下では電池寿命が短くなる場合があります。

  • TR-55i-TC・TR-55i-Pt 特徴イメージ1

    警報監視機能

    あらかじめソフトウェアで上限値/下限値と判定時間を設定しておくと、警報LEDの点滅とメッセージで知らせます。警報はデータを吸い上げるまで継続されますので、発生を見逃すことがありません。

    アジャストメント機能

    あらかじめ補正値を入力しておくことによって、補正された温度で表示・記録できます。(TR-55i-Pを除く)

  • TR-55i-TC・TR-55i-Pt 特徴イメージ2

    パソコンへデータ収集

    コミュニケーションポート(TR-50U2)、またはデータコレクタ(TR-57DCi)を使って、記録データをパソコンへ収集することができます。データコレクタを使えばパソコンがなくてもその場でデータ収集ができ、簡易グラフ表示、データ保存することができます。

    様々なセンサでの計測に対応

    TR-55iは付属の入力モジュールに、各種センサを接続することができるため、多種多様な測定項目に対応できるようになりました。

使用事例

TR-55i-TC・TR-55i-Pt 使用事例

・配管の温度記録
・ボイラーの温度記録
・低温冷凍庫の温度管理
・血液輸送の温度管理
・調理釜、フライヤー、オーブンの温度記録
・水位・流量・濃度・PH・圧力・電力
・流量計、電力計、分析計などの計装、計測装置の記録
・工場内の装置や設備の計装信号を記録・管理
・雨量、風速など気象データの記録

詳細仕様

TR-55i-TC・TR-55i-Pt 商品写真

型番 TR-55i-TC R-55i-Pt
測定
チャンネル
温度1ch
センサ 熱電対 K、J、T、S Pt100、Pt1000(3線式)
測定範囲 -199〜1700℃ -199〜600℃
精度 [ 熱電対測定精度 ]
±0.3℃ + 読み値の0.3%(K、J、T タイプ)
±1℃ + 読み値の0.3%(S タイプ)
[ 冷接点補償精度 ]
±0.3℃(10〜40℃)
±0.5℃(-40〜10℃/40〜80℃)
()内は入力モジュールの環境温度です。
±0.3℃ + 読み値の0.3%
(10〜40℃)
±0.5℃ + 読み値の0.3%
(-40〜10℃/40〜80℃)
()内は入力モジュールの環境温度です。
測定分解能 K、J、T タイプ:0.1 ℃
S タイプ:約0.2 ℃
0.1℃
液晶表示 測定値・記録状態・電池寿命警告・その他
データ
記録容量
16,000個
記録間隔 1、2、5、10、15、20、30秒 1、2、5、10、15、20、30、60分 (15通りから選択)
記録モード エンドレス (記録容量がいっぱいになると先頭のデータに上書きして記録)
ワンタイム (記録容量がいっぱいになると記録を停止)
インター
フェース
光通信 (独自プロトコル)、赤外線通信 (IrPHY 1.2 省電力方式相当)
電源 リチウム電池 (LS14250)× 1(*1) (CR2使用可能)(*2)
電池寿命 (*3) 約14ヶ月(赤外線通信有効時:約10ヶ月) 約24ヶ月(赤外線通信有効時:約14ヶ月)
本体寸法 縦62mm × 横47mm × 厚さ19mm (突起部、センサ含まず)
質量 約55g (電池含む、センサ含まず)
本体動作環境 温度:-40〜80℃
防水性能 IP64 (防まつ型/生活防水)ただし入力モジュールには防水性能はありません (*4)
付属品 入力モジュール (TCM-3010) 入力モジュール (PTM-3010)
リチウム電池 (LS14250)・ストラップ・取扱説明書 (保証書付) 一式

(*1) 付属のリチウム電池(LS14250)は市販されていません。交換には低温電池セット(TR-00P2)をお求めください。
(*2) CR2を使う場合は、-20〜60℃の範囲内で使用してください。また、振動の多い場所での使用は避けてください。
(*3) 電池寿命は周辺温度、記録間隔、通信回数、電池性能などにより異なります。
    本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。
    赤外線通信を有効に設定した場合、インバータ式照明の下では電池寿命が短くなる場合があります。
(*4) 入力モジュールを接続した状態の防水性能です。
上記仕様は予告なく変更することがあります。

製品構成

TR-55i-TC・TR-55i-Pt 製品構成

付属ソフトウェア

付属ソフトウェアで詳細なデータ解析。

[ T&D Recorder for Windows / T&D Graph ]

記録設定やデータのグラフ化、印刷等の処理を簡単に行えます。データはテキスト形式(CSV形式等)でファイル化できますので、お手持ちのソフトウェアでデータを活用できます。

ソフトウェアイメージ